ジャガーン主人公の邪ヶ崎の強さ能力|トリガーの引き金は過去のトラウマ?

2 min 117 views
じゃガーンの引き金

今作の主人公であるジャガーンは少し変わっています。

と言うより、まあ主人公は大抵変わっているのですが、そう言った変わっているというのではなくて、ヒーローっぽくない主人公です。

ただ己のために力を振るいたいという欲望が銃となり相手を攻撃する銃が右腕に出ます。

そんなジャガーンの強さについて考えていきます。

ジャガーンの本名と由来は?

ジャガーンの本名は邪ヶ先真太郎です。

由利子ちゃんという恋人がいましたが、由利子との当たり前の生活に本人はどこか渇きを感じていました。

ドクちゃんがのちの登場して、ジャガサキという名前と、ガンから単純に「ジャガーン」と名付けられました。

名付け親はドクちゃんということになりますね。

ジャガーンが怪人に目覚めた理由は?

正義のために暴力を振るいたいよいう欲望だと思われています。

戦いの中で、昔の小学生の頃の回想シーンが入り、正義のために暴力を振るっています。

友達をかばっていたところを周りの子にバカにされて、いたぶられたところ暴力を振るい快感を得た。

それ以来どこかでその余韻が残っていて、警察に入った理由も正しい暴力を振るうことができるから、と考えられます。

ジャガーンの性格は?

ジャガーンの性格は正義感に熱くて、ちょっとバカ、でも憎めなさそうな人のいいやつですね。

ジャガーンの性格は普通のサラリーマンなのですが、普通とはちょっと違う部分があります。

自分のためにわがままを振るうのですが、最後の一人になって生き返らせる人を決めるとなると即答で恋人の由利子を選ぶところ。

正義のために怪人ヒーローでできたHHH(トリプルエイチ)にやっぱり俺も入りたい!と行って入っちゃうところ。

ベルちゃんをなんだかんだ抱きたいと思ってしまっているところなど。(これは勝手な想像ですが)

内面描写も多く書かれているので、彼が優柔不断な意思の弱い人って部分はよくわかります。

ただその意思が弱くて普段抑えていたからこそ、強靭な怪人の力を手にれたのかな?とも思いますね。

普段からわがまま、願望を持っていなければ怪人化しなかったわけですし。わがままが大きければ大きいほどに力が強くなると考えると、結構蛇ヶ崎は強いんじゃないですかね?

ジャガーンの技

初めて出したのは、年収1800万円だぞー言うてました佐々岡さんが相手でした。

この時は人差し指と中指の二本のみで打つ銃でした。

その後、

花嫁怪人メデタウロスと戦う際に、遠方から射撃をするのにライフル型へと変形を遂げました。

ドゥーん!

 

その後、

逆鱗!恐怖怪獣デス・シャクレ・ジョーとの戦いで、火力が足らない武器では勝てないと悟り、右半身ほぼ全てを重火器へと変えました。

今後もどんどん強くなっていくんだと思いますね。

ジャガーンの強さ、能力

ジャガーンは今作の主人公ということもあり、弱くはないのですが、強さのラインがイマイチ読めない漫画でもあるので、最強とは言い難いです。

怪人化してしまうとほぼ自我がなくなるので、怪人と怪人ヒーローが戦って強さの比較をすることはできませんし、

同じ怪人ヒーローであれば、今の所散春が最強なのはわかりますので、今後の成長次第だと思っています。

まとめ

邪ヶ崎の優柔不断な感じはなぜか鼻につかなくて、応援をしたくなるようなダメっぷりさがあります。

今後も彼の活躍に期待しています!

頑張れジャガーン!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です