【神之塔】夜の強さは両親譲り?正体はアルレングレイスの息子?

2 min 3,374 views
夜の両親

神之塔に出て来る主人公夜がめっちゃカッコ良いんですわ!

夜はとにかく謎が多い

  • 夜の力
  • 謎の光と悪魔
  • トゲのかけら
  • ホアキンに殺された人々の魂

など、持ってる能力は高い。

色々と謎が多すぎて英語版でも特に明かされてないのだが!笑

現在英語版で話が進んでいるので、わかることは増えました。

Vとアルレングレイスの息子!?

Vと聞くと、トーキョーグールが脳裏にカっとなるとけど、それは置いておきまして、

お母さんは非選別者で、お父さんも十家門の一人。正確には十二家門の一人?

もともと十家門ではなくて、十二家門だったそうな!ザハードを入れて13人です。

※先月時点でわかっていることです。

武器である十三月シリーズがなぜ十三本だったのかが関係しているのでしょう。

確定ではないけども、ザハードの一人である、最強の選別者エン・ザハードが言っていたとガラムザハードが言っているので、まずまちがいないかと。

お父さんとお母さんはどこに行った?

お父さんとお母さんは、ザハードに殺されたっぽい。

塔の王となった後、アルレンにプロポーズをしたけども、その頃、アルレンはVと婚約をしていた。

ザハードはお母さんのことが好きだったのか!

だから、子供ができたと知り、すぐに殺しに行ったのだそう。

ザハードさん、鬼畜すぎる。というかヤンデレすぎるよ。

母である、アルレンは気が狂ってしまい、父であるVは自殺をしたそう。

Vは十家門のように管理人と契約をしていないので、不老不死ではなかった。だから死ねた様子。

母であるアルレンは契約をしているから、自殺すらもできない。

Vは死ぬ前にアルレンに「すべてを忘れて、仲間の元に戻って幸せになるんだ」と言っているけど、アルレンはザハードと十家門の元へは戻らなかった。

力を使って、息子の死体が腐らないようにして、生き返らせる方法を探した。

そうして見つかったのが、息子の死体を外に出して、力を吹き込み生き返らせる方法だったそうな。

やがて、息子は力を手にして、戻ってくるだろう。というのは最後にアルレンの記録になっているらしい。

それが夜!

まだまだ、仮説の段階というか、絶対とは言い切れないけど、夜とガラム・ザハードが話しているので、可能性高しです。

ビオレの名前の由来は父親のV?

日本語版のXOYを見ると、ジュ・ビオレ・グレイスですが、英語版を見るとわかりやすく、vioreって思い切り書いてあるのですね。

これは父親から来ているVで、グレイス母親。

ということは、本名がジュビオレグレイスで、二十五の夜が偽名?となる。

第二シーズンで、ビオレが出てきて、誰だこいつ。w

と思ったのだが、正体が夜でまさか、本名がビオレだったとは思ってもみなかった。

強さの理由がわかった

まだまだ強さの理由が全てわかったわけではありませんが、親が非選別者と十家門になる予定だったほどに強いVという人物である。

ということはそりゃあ強い。笑

外で力を授かった可能性もありますし、エンリュウのトゲを持っている可能性があるからして、

  • 両親から授かった能力
  • エンリュウのトゲ
  • 外で預かった能力
  • ホワキンの魂

を持っていることになる。

まだまだウレックマジノよりかは激しく弱いけど、これだけ強い能力が揃っていて成長速度が半端ないし、選ばれし子的な扱いであれば、チート級になるのも案外すぐかもしれない。

それにしても、夜は強いけど、周りにいる人たちとの能力差が激しくなるんじゃないかな。笑

頑張れラークとクン!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です