XOY漫画スーパースター最終話、秋元弘樹の結末は?優河とはどうなる

LINE漫画(旧XOY)のマンガであるスーパースターも最終回を迎えました。

秋元弘樹の結末、千秋優河とはどうなったのか!

ざっくりとダイジェストでお送りいたします。

ネタバレになっているから気をつけて!笑

0話の話が最終回でもある

引用:XOYスーパースター000

000のエピソードで出てくる静かに音楽を聞く弘樹

このシーンがまさに最終回とほぼ同じ時期のシーンであることがわかります。

そしてこの000のエピソードの直後にワンマンライブを成功に収め、事務所をやめて独立していきました。

引用:XOYスーパースター001

事務所の社長にボコボコにされる弘樹、これは契約通りに行かずに事務所をやめようとしたために

埋められそうになっています。このあとなんとか抜け出すことに成功するんですけどね。

周りの仲間たちが弘樹を助けてくれます。

 

さて、最終的にどうなったのかを簡単にまとめると

弘樹はライブを成功させた直後に引退を宣言します。

事務所側は勝手なことをしやがって、と暴力で解決しようとしてきますが、そこを音楽仲間とともに威嚇し撃退します。

これから芸能活動をしていく上で、絶対に邪魔をしてくるだろうが、迎合せずに自分たちは気持ちのいい音楽を作り続けていくんだ。

というような内容で終わります。

 

そして、最後にはおそらく優河がいる精神病院へと足を運んでいるシーンがあるために、

やっと自分の音楽生活に一度終止符をうち、優河とともに生きていくことに覚悟が決まったのかな?

という感じ。

 

あまり内面描写は後半語られていないので、写真だけで判断。って感じですね。

芸能の裏事情、大衆娯楽へのメッセージ

ここからはただの感想です。笑

 

全体を通して、芸能の裏事情、大衆娯楽へのメッセージが強い漫画だったなと思いました。

そもそも音楽や映像ってものが大きく、広く伝えられるようになったのは、プロパガンダのためですから、

お金や権力者が絡むのって当たり前なんですね。

その中で力に屈して音楽を続けていくのも、悪くはない1つの形です。

ですが、その力への反発をする人がいるのも当然です。

自分たちのしたい音楽はこういうのじゃない。そういった思いを抱えて芸能をやめた人も確実にいます。

それをあえて漫画にしたってのは、作者さん誰かをモチーフにしたか、社会に対して強く感じたことがあったんですかね?

この辺は観光の芸能事情とかわからんのですが、調べればすぐに出てきそうです。

 

大衆娯楽って常にそう。

読者やお金を出す人が喜ぶものを作らないといけない。でも芸術ってそれでいいんかな?

そんなメッセージを勝手に受け取った漫画

それが私にとってのスーパースターでした。