ケンガンアシュラ最終回、十鬼蛇王馬(オウマ)死す!続編が気になりすぎて眠れない

ケンガンアシュラの最終話

ケンガンアシュラが最終回を迎えました!

ヒャアー!6年間お疲れ様です。サンドロビッチ様!格闘漫画が好きな私は大変楽しく読ませていただきました。

最後は、どうなったのか、もうタイトルでマジで?と思っている人もいるでしょうが、簡単に解説します。

あまりネタバレ要素はないようにしますが、少しはネタバレありなので、気をつけてください!

最終話前に王馬が死んだ

決勝トーナメントで、王馬は黒木との戦いで、生命力を使い果たし死んでしまいます。

明らかに戦える体ではなかった。でも、己の信念を突き通すことを選んだ王馬。

何がそうさせたのか、戦うことでしか生を感じれない王馬。

結果、やりきり、最後の最後まで死闘を繰り広げますが、黒木には及びません。

そもそも、黒木、ちょっと強すぎ説、ありますよね。w

それぞれが、それぞれの道を歩み出す

トーナメントに出ていた選手たちの後記が書かれているのが最終話です。

まさかのアギトはバイクで旅に出る!?的な感じで、また一層自由度をまして強くなって帰ってきそうです。

他の選手たちの、それぞれの道が描かれています。

戦いを通して、仲良くなった人たちも多く、一緒に王馬の墓を訪れます。

本当に亡くなってしまったんですね…

乃木はどうなったのか

乃木はケンガンジアイに敗れて、会長とはなれませんでしたが、黒木と組んでいた社長は辞退をして、

乃木に権利を譲渡します。

その辺はルールは特になく、好きなものへ譲渡していいんだな〜と。

心底ルールがないケンガンアシュラの戦い。

ここにバキの勇次郎がいたらなーって思った読者は多いんじゃないかなー。ww

まあこういうのには彼は興味ないか。

山下はどうなったのか

山下さんは、山下商事の社長となって、新しい小部屋でスタートを切りました。

そこには、スパイだった彼女も一緒。

今回のトーナトメントで、いろんな社長に恩を作った山下さんは、

数年で経営にも華を咲かせるんじゃないかなー。

人を見る目が開花したので、うまく使えればいいけど、なんか使えなさそうなところもいいよね。

結局解明されていないことが多い

最終話のラストに出てくる、「蟲」の仲間と思われる奴ら。

守護神たちを瞬殺する力を持つ彼らの正体は未だにわかっていません。

 

いなくなってしまった、刹那。

正確には、鬼鏖(キオウ)を使えないと、継承者とは言わないんでしょうね。

二虎流を引き継いでいるのは、一人だけになった。と最後に言っています。

一体こいつら誰なんだい!

ケンガンアシュラの続編はあるのか

公式として、作者さんから続編のお話はありませんが、スピンオフは少なくともありそうです。

謎が解明されていないので、続きの話をやってほしいけどなー!

次にやるとしたら、誰が主人公になるのか、ですよね。数年後の話になるのか、直後の話になるのか。

桐生刹那になってほしいと個人的には思うけどね∧( ‘Θ’ )∧w

あの退廃的な感じが好きなんですよねー。

とりあえず黒木はない。w

お知らせが出たら追記しますね!

まとめ

ケンガンアシュラは最終回を迎えましたが、まだまだ伏線回収はされていませんし、きになる終わり方をしていたので、続編もありえると思います!

作者様お疲れ様でした!そしてありがとうございました!

だから、続編書いてください!w

楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です