[神之塔]十三月シリーズは何のためにある?目的、意味、理由、一覧を考察

2 min 2,934 views
十三月シリーズ

十三月シリーズが徐々に出てくる!

と予想して、予習、復習をしておこうと思ったので、今回の記事を書くことにしました。

十三月シリーズが何のためにあるのか、目的は何のなのか、意味は?今知られている十三月シリーズを海外情報をもとに考察していきます。

神之塔が好きな人が増えますように願いを込めていっきまーっす。

十三月シリーズとは

ザハードの姫の中でも特出して才能があるものに与えられる始動武器で、それぞれに色の名前が付けられているようです。

何のためにある

ラヘル曰く、134階以上にいくための扉の鍵である、らしい。

鍵の半分をアシュル・エドワールに託し、13個の始動武器に分けたのだそう。

もう半分は、王野、カラカが持っている指輪にある、とのこと。

分けられた理由、目的は

分けられた目的は定かではないけど、考察するに、あえて強いザハードの姫に与えることで揃わないようにしている可能性があります。

それか、揃うほどの強い姫が生まれることを待っている?

それは考えがたいので、強い姫に持たせることで、大抵のランカー、選別者では勝てないために奪われない。

かつ、十三月シリーズを他人に渡してしまうと、契約違反となり、没収もしくは処罰を受けるので他人に渡すこともない。

どこかに隠すよりも、場所が明確にわかり、かつ揃わせないことができるというわけですねえ。

現在確認されている十三月シリーズ

現在確認されている十三月シリーズは、

  • 黒の三月
  • 緑の四月
  • 黄色の五月

です。

それぞれ、

  • 黒の三月は真田・ユリ・ザハード
  • 緑の四月は真田・ユリ・ザハード(以前はアナク・ザハード、今後返されるかも)
  • 黄色の五月はクン・マスチェニー・ザハード

です。

黒の三月はユリでさえ始動したことがないおてんば始動武器なようで、夜はイケメンだからか好みのようで力を貸すために始動させてことがあります。

緑の四月はアナクの親が使っていたこともあり、実の娘であるアナクには力を貸すのか始動させることができるようです。ただし、本来の力を引き出せているかは別問題。

黄色の五月の力は不明で、始動させられるかも不明ですが、マスチェニーならできそうな気がしている。

始動した時のアナクの緑の四月は巨大になり、四方八方への無差別攻撃が可能なようで、確かに今だに出ている武器は数多くとも、あそこまで強い武器は見られないことからかなり強いのがわかります。

海外情報を加えた十三月シリーズ一覧

海外情報では、

  • Silver January所持者はAn Zahard
  • White February所持者は不明
  • Black March 所持者はYuri Zahard
  • Green April所持者はYuri Zahard
  • Yellow May所持者はMaschenny Zahard
  • Luminous June所持者はAlphid Zahard
  • Indigo July所持者はGaram Zahard
  • Blue August所持者はGaram Zahard
  • Dark September所持者は不明
  • Red October所持者はHagipherione Zahard
  • Golden November所持者はAdori Zahard
  • Colourless December所持者はEnne ZahardSealed
  • Rainbow Undecimber所持者は不明

となっています。

日本語に直すと

  • 銀色の一月はアン・ザハード
  • 白の二月は不明
  • 黒の三月は真田・ユリ・ザハード
  • 緑の四月は真田・ユリ・ザハード
  • 黄色の五月はマスチェニー・ザハード
  • 光の六月はアルフィ(ピ)ド・ザハード
  • 藍の七月はガラム・ザハード
  • 青の八月はガラム・ザハード
  • 闇の九月は不明
  • 赤の十月はヘギペリオン・ザハード
  • 金色の十一月はアドリ・ザハード
  • 無色の十二月はエン・ザハード
  • 虹色の十三月は不明

となります。

まだまだ出ていないキャラクターが多いな〜。

虹色とか無色とか強そう、でも闇も興味深い。

それぞれの能力にも期待

以上が十三月シリーズの考察、解説でした!

現在確認されているのは一部なので、これからどしどし出てくるでしょう。

それぞれの能力にも期待しながら首を長くして待ちます!

出てくるとワクワクするけど、その分終わりが近づいているようで、喜びと悲しみが入り交じった感情になりますよね〜。

楽しみですわい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です