[外見至上主義147話148#]わかったこと、伏線、犬の服はゴッドドッグ!?

夜になり清掃をしていると、とある男が袋の中に違和感を感じる。

中を見ると、縛られた猫が入っていた・・・

から始まる今回の事件は、モコ誘拐編らしいです。

展開が読めるも読めないも、タイトルにモコ誘拐書いとるがな!

今回発覚したことは、

  • おっさんが怪しい
  • おっさんの名前は「甲本亀丸」
  • 4大クルー
  • ゴッドドッグの頭疑惑の男登場
  • モコが誘拐、ゴッドドッグのシャツ

です。

おっさんが怪しすぎる、しかし?

おっさんが怪しすぎるので、犯人から外れました。僕の中では。

前回の合宿時も怪しいと思っていたものが犯人ではなくて、イケメンが犯人でした。

この漫画の日本のタイトルは「外見至上主義」であるからして、あからさまに犯人と思われてしまうような人相のものが犯人である可能性は低いでしょう。

むしろペット好きなおっさんで助けてくれる可能性大だと思っています。

おっさんの名前は「甲本亀丸」

ちなみに、おっさんの名前は甲本亀丸です。笑

胸元のネームプレートに書いてありました。

もうここまで一生懸命に生きている警備員を犯人だなんんていうことはやめましょう。

4大クルー

4大クルーがわからないと悩んでいましたが、翔瑠にダメ元で恥ずかしがりながら聞きに行くと、4大クルーがいることがわかりました。

西のビッグディール

闇カジノで主に儲けていた。

頭は迫田で今は箱にぶち込まれた。

嫌な奴。18782。

北のゴッドドッグ

最近名前が変わったらしい、理由は突然化け物じみた強さの奴が現れて、

全員をぶっ倒して頭になったよう。

明里の知り合いなのかな?

東のホステル

一言で言うと、凶悪犯罪集団とだけ言われたけど、情報が少ないし、なぜか雑な気が。笑

名前からある通り、暴力というよりかは、当時のピーーーーが出てきて元締めがヤクザではなくなったピーーーーという町のような感じかな?

確かにあの時は、ピーーーーが有名だったみたいで、題材にした映画が何個も出ていますね。

南の一海会

十代のレベルじゃないそう。ビジネスマンかつ、喧嘩も強いという、

クルーっていうよりも企業であるとのこと。

ゴッドドッグの頭疑惑の男登場

翔瑠から話を聞いた直後に、ゴッドドッグの時のシルエットまんまの人物が登場!

まさか、早速頭が登場か??

モコとエデン(長髪男の飼い犬)が喧嘩をしたために鉢合わせた青年となぜか川辺を走ることになりました。

北から来たということは、ゴッドドッグかあ〜と恵介はいい、ゴッドドッグを知っているのかと聞かれます。

そこで、犯罪者の巣窟と言われたもんだから、ちょっと全力で走りましょうと言って、二人で走ることに、ここで体力というか身体能力を見極めたのか、しめるのはやめようと判断をしました。

犯罪者の巣窟と言われて怒ったということは、多分悪いやつではないでしょうね。

モコが誘拐、ゴッドドッグのシャツ

二人がランニングから戻ると、モコとエデンがいなくなっていました!

二人にとっては大事な家族、北の頭(疑惑)の青年にとっては、唯一の家族なんだそうで、二人は懸命に夜まで探します。

それでもなかなか見つからない。

その頃、モコとエデンにシーンが移ります。そこには、たくさんの猫と犬がいました。

エデンのシャツが写りましたが、これが高確率でゴッドドッグのシャツ。よく見ると、犬が十字架を加えています。なるほど。

彼が頭だとしたら、なぜ名前をゴッドドッグにしたのかがわかりますね。

次回はどうなるのか

金歯のおじさん、甲本亀丸が助けに来てくれると信じています。

始まって二話目なので、それはないかもしれませんが。

楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です