[文豪ストレイドックス]文スト舞台、主要登場人物、キャストまとめ

4 min 21 views
文ストまとめ

文豪ストレイドッグスの舞台のキャラクターとキャストまとめです。

個性的なキャラクターですが、舞台ってすごいなと思わされますね〜。

泉鏡花のクオリティ…高し。

武将探偵社

中島淳/鳥越裕貴

物語の中核となる人物で他のキャラクターも主人公と言えるが、内面描写が多いのは中島淳が主。

太宰治/大和田秀弥

津軽で有名な太宰さん、いや人間失格だろ、と思うかもだけど僕の中では津軽なイメージだから津軽。

異能の戦いの中でも特質な異能を消す力がある。頭脳も天才的。

国木田独歩/輝馬

数学教師であることはそのままに、ダンディな雰囲気もそのままな国木田独歩は、責任感のある次期リーダー的ポジで周りを統括します。太宰さんはできなさそうだけど…笑

江戸川乱歩/長江崚行

日本の文学シーンにある意味他の人よりも影響力を与えたかもしれないのはこのかた江戸川乱歩。ペンネームはエドガー・アラン・ポーから取ったとされるが今作ではエドガーを振り回す側に。

谷崎潤一郎/桑野晃輔

頭も切れる谷崎潤一郎は日本を代表する作家の一人といえるでしょう。ノーベル文学賞の候補にも上がりまくった彼の能力は代表作と同じ「細雪」

宮沢賢治/堀之内仁

作家という一面がありながらも、思想家、農家である宮沢賢治は田舎から出てきて何も知らない天然ボーイ。力はめちゃくちゃ強いけど。笑

与謝野晶子/今村美歩

伊香保温泉の石段にも刻まれている与謝野晶子。耽美主義なイメージで源氏物語の現代語訳のイメージが強い彼女。

クールな一面がありながらも、内に秘めたが熱さがあるキャラクターです。

谷崎ナオミ/齋藤明里

ナオミは谷崎の作中に出てきた15歳前後の女性で、わがままな女性で男を滅ぼしかねないほどと言われているので、作中のナオミも相当なわがままなのかもしれない。

でも描写がちょいちょいエロい…笑

ポートマフィア

芥川龍之介/橋本祥平

太宰に認められることが生き甲斐とも言える芥川は今作最強のキャラクターの一人。実在する人物の歴史では谷崎とそりが合わないことで文学哲学で衝突をしていたが、今作ではどうなるのか!

梶井基次郎/正木航平

異能の力が本当にレモン爆弾が効かないなのかがわからないが見た目とは裏腹に強いキャラ。

泉鏡花/桑江咲菜

実在する泉鏡花はなかなかの男前の男性だが、文ストではヒロインの一人であり、重要ポジ。

樋口一葉/平田裕香

5千円札で馴染みの樋口一葉は、芥川に片思い中の女性(作中で)。芥川のためなら命をなくすことも問わない行動っぷりで周りのポートマフィアの心を動かします。

中原中也/植田圭輔

太宰とコンビを組み、二人で一つの組みを倒したとされている最強の一角。太宰とは仲は悪さげだがそんなことはなさそうに見えるが、二人が仲違いしたのにはわけがあるのかも。

舞台は第二弾をするみたい

今作は僕も見に行けなかったので、次回は見に行きたいなー。

漫画、アニメ、舞台、映画と快進撃しまくりの文豪ストレイドックスですが、

面白さはピカイチで一晩で読みきってしまうほどだったので、

漫画好きな人はぜひ〜!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です